VoXER背景.jpg

蛍光X線分析

OURSTEX 101FA

「公共工事等における新技術活用システム(NETIS)」登録!

OURSTEX101FA.png

 従来のポータブル型蛍光X線分析装置では1.0kg/m3以下の塩化物イオン量の検出は不可能でしたが、 東京大学との共同研究によって、この装置では0.1kg//m3までの検出感度が達成できました。 その他、Al, Si, S, Caなどの元素についても大幅に感度が向上しました。

【特 徴】
 ●非破壊で迅速な組成分析が可能
 ●大型試料や異型試料を非破壊で分析可能
 ●コンクリート中の塩化物量を高感度で簡易に測定
 ●小型・軽量の可搬式なのでオンサイト分析に最適
 ●液体窒素や冷却水不要100Vの電源で分析可能

  【応 用 例】
 ●コンクリート表面の塩分分析
 ●コンクリートコアの塩分浸透調査
 ●セメント分析etc

■OURSTEX101FA仕様

測定原理

エネルギー分散型蛍光X線分析法

測定対象

固体・粉体・液体・薄膜・生体試料

測定元素

(12Mg~92U)等

試料形状

MAX35mmφ×35mmH(密閉使用時)
開放使用時は任意

試料室雰囲気

大気(真空オプション)

X線照射径    

~10mmφ

X線ターゲット

Ag

X線定格出力    

40kV-1.75mA,50W

検出器    

シリコンドリフトディテクタ(SDD)

計数回路    

デジタルシグナルプロセッサ(DSP)

使用条件    

温度:5~27℃
湿度:20~80%
電源:AC100V-240V、500W
接地:D種接地
※液体窒素、冷却水不要

外形寸法・質量    

測定ヘッド部:133×170×273mm、3.9kg
XG部:265×340×80mm、5.4kg
コントローラ部:320×340×120mm、8.0kg
小型真空ポンプ:1.0kg

その他(オプション)

プリンタ・キャリングケース・ポータブル発電機
三脚・照射ボックス・遮蔽ボックス